Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


名古屋港水族館(2013/2/13)


名古屋港水族館

2013年2月13日(水)に行ってきました。

名古屋駅からのアクセスも意外によく、行きやすい水族館だと思います。
名古屋からだと名城線で金山行って、名港線で終点まで。

1度行ったことがあったように思うんだけど、
小さい頃だったためまっったく覚えてませんでしたw

屋内の人工産卵場で産まれたアカウミガメの人工孵化、
ヒゲペンギン・アデリーペンギンの繁殖、
ベルーガ(シロイルカ)の繁殖などを日本で初めて成功させていて、
日本で数少ないシャチの飼育・展示をしている水族館でもあります。


かなーり長いので追記でどうぞ♪

↓↓↓↓↓↓


画像はクリックすると少しでかく表示されます(別窓)


IMGP0745.jpg

駅出てすぐ。わかりやすいです。

IMGP0434.jpg
野良(?)にゃんこがお出迎え!かわゆい!(つω`o)
思わぬところで癒されました(笑)
IMGP0435.jpg
いつもいるのかな??帰るときにはいなくなってました。


IMGP0737.jpg

おとなは2000円。
当日の地下鉄の1日乗車券を提示すると割引で1800円になりお得ですよ♪

なんとこの名港水族館、毎日先着10組限定で
「さわってみィルカ」
とゆうイベントを開催してます!
一人300円でイルカさんと一緒に写真が撮れて、触れるとゆう素敵イベント。
これはぜひぜひ参加をおすすめします♪

本当は開館時間に着いてる予定がのんびりしすぎて遅くなっちゃって
もう受付終了してたらどうしよう〜(ノωヽ。)
なんて思ってダッシュしてましたが、
平日とゆうこともあって、参加者1番乗りでした(笑)
土日祝日はすぐになくなっちゃうんじゃないかな?
天候やイルカさんの体調などにより中止になることもあるので
くわしくは名港水族館の公式HPへどうぞ。

北館の入り口を入るとすぐ目の前にイルカが悠々と泳ぐプール「日本の海」、
左手にはベルーガのいる「オーロラの海」が。
共に大きな水槽で、眺めているだけでなんだか心が澄んでいくようです…。

IMGP0438.jpg
ベルーガ

のんびり眺めていたいところですが、
10時からペンペンのご飯タイムが始まるので慌ただしく南館3Fへ。


『南極の海 ペンギン水槽』

IMGP0455.jpg
ペンペンーーーーーー+゚*(o゚ω゚o)*゚+.
こちらには
ジェンツーペンギン、アデリーペンギン、ヒゲペンギンと
ペンギン界のNo.1!コウテイペンギン(エンペラーペンギン)がいます。
上の写真は言わずもがな、コウテイペンギンのご飯シーンです(*^▽^*)

IMGP0477.jpg
こちらのクチバシが黄色で頭から目にかけての白い斑紋が特徴的なのが
ジェンツーペンギン。模様がカチューシャみたいで可愛いです。
オンジュンペンギンとも呼ばれるらしい。
ジェンツーペンギンはペンペンの中でも
好奇心が強く、とりわけなつっこいそうです。


IMGP0683.jpg
左の可愛い子!!この子がヒゲペンギン
日本では飼育してる水族館少ないレアな子です。
英名はChinstrap Penguin=アゴヒモペンギンとゆうことで、
帽子のあごひもにも見える模様が可愛いです(*'ω'*`)
右はジェンツー。

IMGP0680.jpg
真ん中らへんにいる途方に暮れてる子(笑)と隣で手を広げてる子
アデリーペンギン
いわゆるペンギンって感じのシンプルな見た目。
目の周りに白いラインがあります。
ちなみにJRのSuicaのペンギンさんはアデリーらしい。


IMGP0464.jpg
そしてそして、念願の!
コウテイペンギン!

えんぺらーーーーー!
氷のエンペラーーーー!+゚*(o゚ω゚o)*゚+.
(いきなりヲタネタでスミマセン…!笑)
その名の通り、ペンギンの中の皇帝。
最も大きく、最も寒い所に生息しているペンギンです。

繁殖も壮絶で、「世界でもっとも過酷な子育てをする鳥」と呼ばれるほど。
海岸から50km~160kmも離れた冬の氷原で産卵し、
オスはメスがご飯を取りに行って帰ってくるまでの間、
-60℃になる極寒のブリザードの中
メスが戻ってくるまで立ったままで卵を暖め続け、孵ったヒナを守るそう。
メスがやっと戻ってきてバトンタッチしても、
海までご飯を取りに行く途中で力尽きてしまうこともある…って、
本当に命がけでの子育てで、なんとも言えないくらいすごい。
まさに皇帝。

ちなみに、あの有名なピングーはコウテイペンギンらしい。

IMGP0467.jpg
そんな壮絶な子育てのお話をした後になんですが…
IMGP0484.jpg
右のつぶれてるコウテイさんと、左で倒れてるコウテイさん
ほんんっっっっと可愛くて悶えた(笑)

南極ペンギンであるコウテイペンギン、ヒゲペンギン、アデリーペンギンは
しっかりした飼育設備がないとだめなようで、貴重です。
ペンギン好きさんはぜひぜひ名古屋港水族館行ってほしい…!!

IMGP0663.jpg
最初観に行ったときはご飯食べて「ふ〜〜」って感じでぼーっとしてたけど、
また観に行ったら浮いてました。+゜(*´▽`*)。+゜(笑)
泳いでるとゆうより、完全に、浮いてる(笑)

----------------------------------------------------


『オーストラリアの水辺』


IMGP0485.jpg
ディープウォータードラゴン
飼育例はほとんどなく、詳しい生態がわかっていないようです。
南極海の海底に住む深海魚。本当に深海は未知が多いですね。ふしぎ。
この子、どこの水槽にいたのか忘れちゃいましたが多分この辺りにいたと思う。



IMGP0659.jpg
ブタバナガメ
名前の通り(笑)
トンちゃん…?(けいおん)と思ったけどあれスッポンモドキだし…と思ってたら、
ブタバナガメ=スッポンモドキだったんですね。

IMGP0496.jpg
IMGP0495.jpg
よくよく見ると愛らしい顔してます(*^▽^*)
ブタバナガメも、日本では名港水族館が初めて繁殖したようです。
この子はまだ子供かな??



オーストラリアの水辺には、ミニシアターみたいなところがあって、
そこには何故かこの子たちが。
IMGP0491.jpg
もぐもぐもぐもぐ
IMGP0661.jpg
最初見に行ったときはご飯タイム。
二回目見に行ったらふたりでもぎゅもぎゅ転がってました><かわゆい!

----------------------------------------------------


ペンペンに時間をかけすぎて、気付くともうショーの時間近かったので、
南館を流し見しながら北館3Fのスタジアムへ。
(南館はあとでまたご紹介します。笑)

『イルカショー』

ショー出演はバンドウイルカとカマイルカ
IMGP0533.jpg
この可愛さときたら…!!

IMGP0543.jpg
カマイルカも可愛いです♪白と黒の模様がキレイ!


ショーはとってもテンポがよく、大技連発してくれてすごく良かったです!

IMGP0546.jpg
ジャンプ!

IMGP0535.jpg
ボールタッチジャンプ!

IMGP0553.jpg
おにいさんが投げたフラフープをもってきたり

IMGP0561.jpg
みんなでジャンプしたり



八景島シーパラダイスとかのバラエティ溢れるショーも可愛いけど、
こうゆうスタンダードのイルカショーもいいですね!☆(*^▽^*)


----------------------------------------------------

また南館に戻ります。

『日本の海 黒潮水槽』

大きな黒潮水槽では、マイワシのトルネードを見ることができます。
これがまた凄い迫力、かつ幻想的で、鳥肌ものです。
一応写真を貼っておきますが……
IMGP0584.jpg
これは本当にぜひ実際に見に行ってほしい。
キラキラ光るマイワシと水がほんっとうにキレイで、流れるBGMも幻想的な雰囲気。
とってもとってもロマンチックです。


でも…
IMGP0582.jpg
同じ水槽内でマイワシのトルネードなんか気にもとめず、
壁にちゅっちゅしてるちっこいマンボウもかなり気になります(笑)
幼稚園の子たちが水槽に張り付いてたのであんまり近くで見れなかったけど、
今度行ったらマンボウももっとよく観たいな〜♪


IMGP0592.jpg
キレイなクラゲも色々いました。

IMGP0578.jpg
タツノオトシゴもかわいい。

IMGP0606.jpg
水族館にかならずひとりはいる
超カメラ目線のやつ(笑)



----------------------------------------------------


『赤道の海』

IMGP0519.jpg
ギンガハゼ
テッポウエビと共生するハゼ。
写真の穴からテッポウエビの触覚が出てるのがわかるかな?

なんでこのふたりが共生するかというと、
テッポウエビは穴堀りが得意でせっせと巣穴を広げられるけど、
目が退化しており一人では危険…とゆうことで、
ギンガハゼに見張り番をしてもらっているそう。

一方でギンガハゼは巣穴で寝る習性があるけど自分では穴を掘れないので、
見張り番をする代わりにテッポウエビが掘った穴を使わせてもらう。
なるほどなぁ〜って思うけど、どうしてこうゆう風になったんだろうって思うと、
自然ってほんとにふしぎですね。

でも信頼しあってるなーと思ったらそうでもないようで、
目が見えないエビさんは必ず触覚をハゼさんにくっつけて
ちゃんと門番してるか確認しているようです(笑)

IMGP0507.jpg
オニダルマオコゼ
めっちゃ可愛いぃぃ><
ですが、超強力な神経毒を分泌し、
刺されると死に至ることもある危険なお魚です。


IMGP0516.jpg
タマカイ
実はすごく好きなお魚のひとり。ハタ科だとは知らなかった。
ハタ科最大。サンゴ礁域最大。
水族館ではよく見かけますが、野生では数が減少し、
ICUNレッドリストではVulnerable(危急)に指定されているようです。

水族館で見る子は眺めてるとなんとなく
「おれもみてみて〜」って寄ってくる子が多い気がします。かわいい。

IMGP0617.jpg
メガネモチノウオ
こちらはベラの仲間で最大。
ダイバーが簡単に餌付けできた事で有名なくらいなので
なつっこい性格なんですね。

IMGP0505.jpg

IMGP0615.jpg
すごくキレイな水槽です!

IMGP0655.jpg
上から見ることもできます。
お天気がいいと太陽の光が入って本当にキレイ。

IMGP0518.jpg



↓こちらは今回名古屋港水族館に行って、
特にテンション上がったもののひとつ。
(と言っても上がりっぱなしなんですけどw)

IMGP0640.jpg

ウミガメ…!

IMGP0651.jpg
IMGP0643.jpg
ここにはアオウミガメ、アカウミガメ、タイマイがいますが…
見分けるのが難しい(PД`q)

IMGP0498.jpg
こちらは上から見たウミガメ。
これはアオウミガメかな…?

ウミガメは、額板というおでこにある鱗の配列で
確実に見分けることが出来るそうです。
なるほど〜。

IMGP0635.jpg
この子はアカウミガメのあかちゃん。

IMGP0565.jpg
こちらはタイマイのあかちゃんです。
か、かわゆすぎるーーー!><
めちゃめちゃいっぱいいました(*'ω'*`)

----------------------------------------------------


北と南を行ったり来たりしながら見てたので
どこにいたのかよくわかんない子たちをまとめてご紹介します(笑)

IMGP0500.jpg
ニセゴイシウツボ(多分w)
ウツボの仲間では大型で、全長2m近くになることも。
エビさんにお掃除してもらってるんだけど、エラ辺りをこしょこしょされて
「くすぐったい…!><」ってもじもじしてて可愛かったです(笑)

IMGP0601.jpg
いちゃいちゃしてるのが可愛かったのでパチリ。

IMGP0598.jpg
ぺちゃんこがなんともいえないかわゆさ


----------------------------------------------------

『シャチ』

名古屋港水族館はシャチがいることでも有名ですが、
昨年2012年11月13日にはなんとステラちゃんが赤ちゃんを産んでいます!
今は丁度展示を中止していたので、シャチ見れなくて残念だななんて思ってたのですが、
IMGP0688.jpg
じゃーん!

イルカのタッチイベントの集合場所に行ったら丁度見ることができました…!
うれしい!!

IMGP0710.jpg
飼育員のおねえさんにごしごししてもらってすごく気持ち良さそうに
ひっくりかえって甘えていました。+゜(*´▽`*)。+゜

IMGP0696.jpg
尾びれをごしごし。
後ろにいる小さくてまだちょっと茶色っぽい子が
まだ3ヶ月くらいの赤ちゃんです!
まさか見れるなんて思ってなかったので感動><。

IMGP0719.jpg
本当に可愛かったです…!

こんな見た目可愛いシャチですが、
海洋生態系の頂上にたつ「海の王者」。
イルカや時にはクジラやホッキョクグマさえ襲うというんだから驚きです。

クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科シャチ属の唯一種。
英名ではKiller whale=殺し屋クジラ、
学名のOrcinus orcaも冥界よりの魔物なんて意味らしい。


飼育員さんにごしごししてもらって
気持ち良さそうにしていた姿は海の天使そのものでしたが(*'ω'*`)



----------------------------------------------------


『オーロラの海』

最初にあまり見てられなかったベルーガのもとへ。

IMGP0731.jpg

ベルーガはロシア語で白いという意味。
いわゆるシロイルカです。
名古屋港水族館では、
ベルーガの赤ちゃん「ミライちゃん」も昨年8月2日に産まれています。
オーロラの海ではミライちゃんのお母さんのグレイちゃんと、
ミライちゃんとお父さんが一緒のナナちゃんが見られました。

IMGP0734.jpg
奥の子がミライちゃん。おとこのこです。
子供は真っ白ではなく少し灰色。

IMGP0733.jpg

ベルーガのメロン(おでこのとこにある脂肪組織)は
北極圏の氷の海に適応するために、
形状を自分の意思で変えることができるらしい。
ぷるぷるなのかなぁ〜><
いつかベルーガにも触ってみたいです!

----------------------------------------------------


今回「さわってみィルカ」で初めてイルカに触れました!
つるっつるで少し弾力があってなんとも言えない感触。
ごしごしするとイルカの垢が手につきます。
飼育員のおにいさんに色々教えて頂きながら、
両手でごしごし擦りまくりました(笑)

触らせてくれたのはバンドウイルカのティノくん!
ありがとうね〜。+゜(*´▽`*)。+゜




なんだかあまりに長くなってまとまりなくなっちゃいましたがw
イルカタッチにシャチにベルーガにコウテイペンギンに…と
どきどきがとまらない水族館でした♪

ご飯は館内にレストランと軽食コーナーがあります。
IMGP0657.jpg
これめっちゃ辛かったけどおいしかった♪軽食コーナーにて。
あとシャチのカスタードまんみたいなのがあって、
食べようと思ってたのに忘れちゃった〜><。
めっちゃ可愛かったので次行ったときは買おうと思います!

IMGP0736.jpg
お土産SHOPの外にいた巨大ペンペン♪
マフラー姿がかわいくて、ついパチリ☆


今回は時間がなくて行きませんでしたが、
周辺には色んな施設やらがあり、1日中楽しめると思います。
IMGP0738.jpg

IMGP0740.jpg

最後までおつきあい頂きありがとうございましたっ(`・ω・´)
関連記事


2013.02.18(Mon) - 動物園・水族館レポ





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。