Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


東山動植物園(2013/2/14)Part.7

動物園レポPart.7。
動物園北園エリア、自然動物館の続きです。
これから暫くは爬虫類・両生類ばかりなので、
苦手な方は見ない方がいいです(笑)

Part7ではワニさんをご紹介ー!(*^▽^*)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

R.自然動物館(続き)

2Fフロアは前記事で紹介した通り、爬虫類・両生類フロアです。
1Fフロアをぐるりと一周見たあと、出入り口に向かって右手に水槽があり、
その脇から2Fフロアヘ上がることができます。

プロムナードになっている最初のエリアにはワニさんが!

IMGP1208インドガビアル
こちらはインドガビアル
全長400-600センチメートル程、
口吻が細長くなっているのが特徴的です。
水深が深く水が澄んで流れの速い河川に生息し、
陸地にはあまり上がらないそうです。

開発による生息地の破壊、漁業による混獲、食用や皮目的の乱獲により
個体数が激減しているCRITICALLY ENDANGERED(絶滅寸前)指定種。
実際、パキスタンやミャンマーなどにいた野生種は絶滅し、
現在はインド、ネパールにのみ生息しているそうです。

同じ写真をアップにしたもの↓口吻が細長いです。
111_20130222180259.jpg




ミシシッピーワニ
IMGP1211.jpg
東山動植物園には2011年9月14日にご長寿表彰されたミシシッピーワニさんがいます。
当時46歳以上…とゆうことで、人間に換算すると当時80歳くらい。すごい!
後から知った情報なので、この子かどうかは…わかりません(≧△≦;)
(わかる方いたら教えてください〜><!)
IMGP1212.jpg
大きい個体で全長約6mにもなる大きなワニさん!
アリゲーター科の中では最大種です。
アメリカアリゲーターとも呼ばれます。
緑がかった黒褐色の体、口吻はやや長め。

性染色体を持たず、卵の孵化時の温度により雌雄が決定し、
32℃以上はオス、30℃以下の場合はメスになるとゆう温度依存性決定の種。
生命のふしぎですね…

稀に人を襲うこともありますが、比較的温厚な性格をしているそうです。

IMGP1217.jpg
でーん
かわいすぎます(笑)


ナイルワニ

2012年2月に1989年からいたナイルワニさんが
25歳の若さで心不全により亡くなりましたが、
3月には南アフリカ共和国の繁殖センターから2頭のナイルワニさんがきています。

IMGP1213.jpg
まだ4歳(来たとき3歳だったみたいなので)の若い子です。
丁度浅瀬に上がって滝の水かぶってご機嫌な感じのところ♪

クロコダイル科の全長4〜6m/体重300-1000kgになる大型ワニ。
色は黄褐色や暗褐色。
1940年代から1960年代にかけて絶滅の危機に瀕していましたが、
現在は保護団体などの努力があり個体数を回復しています。

IMGP1220.jpg

原始的で獰猛な性格をしており、人間もよく襲われる。
同じく獰猛なカバや、王者ライオンなども補食することもあり、
目の前を横切るものは何でも襲うという情報までありました。。
大型の獲物を捕食する際は、噛みついた後に自分の体を回転させることで
その肉を食い千切る動作を行います。
非常に強い免疫力を持っているため死肉も食べるとか。凄いですね><

こんな恐いイメージのワニさんですが、子育てに関してはとってもまじめ。
ナイルワニのメスとオスは孵化するまで巣を熱心に守り、
口の中で卵を優しく転がして孵化を促すことさえあるらしい。
孵化してからも一定期間は親に保護されて過ごします。




一方こちらは見た目も可愛らしいワニさん。
IMGP1219.jpg
ニシアフリカコガタワニ(ニシアフリカコビトワニ)

全長1mから1.8m程度の黒褐色な小型ワニ。
魚類、カエル、甲殻類、貝類などを食べる。
奥歯は球状になっており、甲殻類、貝類を食べるときに噛み砕いて食べるのに適する。
口吻は短く、後端が切れ上がる。

食用としてなどで乱獲されて個体数を減らし、
VULNERABLE(危急)指定にされている種です。





こちらはプロムナードではないところにいた子ですが、
ワニさんとゆうことでまとめてご紹介。
IMGP1253.jpg
ヨウスコウワニ
別名ヨウスコウアリゲーター。
中国の固有種で温帯に唯一住むワニ。
全長2m以下と小型で、目もくりくりしてて可愛らしい。
性質もおとなしく、人間を襲ったという確実な記録はないようです。
IMGP1254ヨウスコウワニ
ニシアフリカコガタワニと同様、貝や甲殻類を食べるため奥歯が球状。
口吻の端が切れ上がっています。

現在数を減らしており、CRITICALLY ENDANGERED(絶滅寸前)指定されています。


こんなに色んな種類のワニが東山動植物園には暮らしています♪
IMGP1236.jpg
ぐぅ……


Part.8へ続く。


Part.1
Part.2
Part.3
Part.4
Part.5
Part.6

Part.8

関連記事


2013.02.22(Fri) - 動物園・水族館レポ





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。