Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


東山動植物園(2013/2/14)Part.9

動物園レポPart.9。
動物園北園エリア、自然動物館の続きです。

Part9はヘビたちのご紹介で多分終わります〜

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

R.自然動物館(続き)

トカゲコーナーのお隣はヘビコーナーです♪
こちらもかなりの種類のヘビさんがいますよー


コロンビアレインボーボア
IMGP1240.jpg
ボア科カガヤキボア属。別名コロンビアニジボア。
最大全長250cm、体形は太めで体色は褐色。
鱗に光が当たると虹色の光沢が表れることがレインボーボア(ニジボア)の名前の由来で、
他にもブラジルニジボア、アルゼンチンニジボアがいます。

基本的に地上で生活する蛇です。主としてげっ歯類を補食します。


ボールニシキヘビ
IMGP1241.jpg
ニシキヘビ科ニシキヘビ属。別名ボールパイソン、ロイヤルパイソン
全長100〜150cmで最大200cm程になるヘビです。
体形は太く、体色は黒・濃褐色に褐色の斑紋が入ります。

ちょっと恐い顔していますが、毒もなく性格は大人しいそうです。

驚かされると頭を中に入れボールのように丸くなるという防御行動をします。
ペットとしても飼われていて、色んな品種が作出されているようです。

ちょうど脱皮して(終わりかけ?)いてぽろぽろ剥がれていました。
キレイに全身脱皮したものも展示されていましたよ♪

オオアナコンダ
IMGP1243.jpg

ボア科アナコンダ属
世界最大のヘビで全長400〜600cm、最大は900cmにもなる大蛇。
体重も、500cm以上の個体では100kgを超えることもあり重い。
体色は緑褐色・褐色・暗緑色で、黒い円形や楕円形の斑紋が入る。

目が少し突出していて、鼻孔は少し背面に開いています。

熱帯雨林に生息していて、大きいがゆえに陸上では動きが鈍くなってしまうため
水辺で生活しています。
大きい個体だとジャガーやクロコダイルを捕食した例もあるとは驚き…!!
丸呑みすることの他、締め上げて獲物を絶命させる攻撃方法もとります。

23.jpg
この写真の顔、かわゆすぎる…!><
なんとゆうアヒル口w

こんな可愛い顔していますが、性質はご存知の通り荒いそうです。
日本の動愛法では特定動物に指定されています。



ケニアスナボア
IMGP1245.jpg
別名ナイルスナボア/ケニアサンドボア。ボア科スナボア属のヘビです。
全長60cm程度。繁殖形態は卵胎生。

砂漠やサバンナに生息していて、
砂に潜って普段は眼と吻端だけを地面から出して獲物を待ち伏せています。

黄色のアクセントがキレイですね♪


カーペットニシキヘビ
IMGP1246.jpg
ニシキヘビ科オマキニシキヘビ属。
森林や草原などの様々な環境に生息し木にも登ります。
夜行性。

カーペットニシキヘビは5亜種にわかれますが、この子はどれかな…?


こちらはアカダイショウ(コーンスネーク)
IMGP1248.jpg
アオダイショウはよく耳にしますが、
アカダイショウは存在知らない方も結構いるのではないでしょうか。

共にナミヘビ科ナメラ属のヘビですが、
アオダイショウは日本の固有種で、アカダイショウはアメリカに分布する種です。
斑紋がとうもろこしのように見えることからコーンスネークと呼ばれます。
最大全長183cm。
瞳孔が丸いため、可愛らしい雰囲気ですね♪
模様もとてもキレイです!(*^▽^*)

基本的に夜行性で、昼間は地面にあいた穴や石の下などに隠れて休んでいます。
繁殖形態は卵生。

今回は省略しますが、東山にはアオダイショウもいますよ♪



IMGP1250.jpg
エメラルドツリーボア
ボア科ツリーボア属のヘビ。
全長は1m前後で最大1.8mかそれ以上になるとも言われています。

名前の通り体はキレイなグリーンに白い斑紋が入ります。

熱帯雨林に生息していて、完全に樹上で生活します。
木の上でとぐろを巻くのも特徴的で目をひきますね〜
同じスタイルをする似たようなヘビに、ミドリニシキヘビとゆうヘビもいます。
(こちらも東山動植物園で展示されています!)


最後にこちらのヘビをご紹介!
シマヘビ
IMGP1251.jpg
いかにも素朴な名前のこの子。
ナミヘビ科ナメラ属に分類される日本の固有種です。

全長80-150cm程で。
虹彩は赤く、瞳孔は縦長の楕円形の可愛い目をしています。
木にはあまり上らないかわりに地表では素早く這うことが出来ます。

無毒ではあるものの、性質がアオダイショウなどに比べやや荒く、
神経質で攻撃的な個体が多いそうです。
こんな可愛い顔してるのに……(´・ω・`)笑

動物園で見る個体は、人なつこいとゆうか警戒してるのかもしれませんが、
見つめてるとこちらをじーっと見てくる子が多い気がします。
余談ですが、上野動物園にいる子は私が行くときはいつも
真っ正面からカメラ目線でとっても可愛いです(笑)


こちらのヘビコーナーには他にも何種類かのヘビがいますので、
ヘビ好きさんにはたまらないと思います…!
全部をじっくり観察してみたいなぁ(*^▽^*)


ヘビコーナーはこちらで終わり!
大体ネームプレートも合わせて撮ってあったので合ってると思いますが、
ヘビだけに限らず他の爬虫類とかももし間違った記載がありましたが
ぜひコメントでご指摘頂ければありがたいです〜><


Part.10へ続く。


Part.1
Part.2
Part.3
Part.4
Part.5
Part.6
Part.7
Part.8

Part.10
関連記事


2013.02.23(Sat) - 動物園・水族館レポ





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。