Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


東武動物公園(2013/3/13)Part.1

もう1ヶ月近く前になってしまいましたが、
先日東武動物公園へ行ってきました♪

IMGP1985.jpg


まさか数日後にホワイトタイガーの赤ちゃんが産まれるとは露知らず(笑)
しかも当日はびゅーびゅー強い風!
そういえば丁度一年前に東武に来たときも強風だったなぁ…なんてしんみりと思いながらw

軽くレポしていきます〜。続きでどうぞ!

東武に電車で来た場合は東ゲート、遊園地側から入園します。
ゲートのすぐにコインロッカーあり。何度でも出し入れできます。
動物園からは結構距離があるので、出し忘れた!なんてことがある人は
遊園地と動物園の中間位にもコインロッカーあったのでそこに入れたほうがいいかも。

長い長い動物園までの道のりを歩いてやっと動物園エリアへ!

▼アフリカサバンナ

遊園地側から来てすぐ左にあるアフリカサバンナエリア。
まずおすすめなのがこの子!

IMGP1988.jpg

ダチョウのダンくん。2004年4月18日生まれのおとこのこ。
ダンくんは本当になつっこいとゆうか、声をかけると寄って来てくれますo(^▽^)o

ダンくーん!
IMGP2000.jpg
はーい

IMGP1992.jpg
呼んだ?

もうめっちゃ近く、限界まで近くきてくれます(笑)
この優しい顔!ダチョウってこんなに可愛いっけ!?と思ってしまうほど。

この日はダンくんと、お姉ちゃんのふさふさちゃんが出てましたが、
ふさふさちゃんはのんびりご飯食べてましたw
ダンくんはこちらが「ばいばーい」って言って離れるまですぐ傍にいてくれて、
ほんとに可愛かったです。+゜(*´▽`*)。+゜



奥にはこちら
IMGP2011.jpg
グラントシマウマ

グラントシマウマは、日本国内の動物園で一番よく見るシマウマのようです。
東山のレポのときに紹介したチャップマンシマウマは、縞の間に薄いかげ縞があるのが特徴でしたが、
グラントシマウマには通常はかげ縞は見られません。
が、かげ縞がある個体も結構いるそうで、チャップマンシマウマとの確実な見分け方ではないようです。
写真にも薄いかげ縞がある子がちらほらいますね。

草原に生息するシマウマで、シマウマの中では身体が小さい種です。体長は2~2.4m程度。


シマウマと同じところにキリンさんもいましたが、
お部屋に入ってしまっていました。たぶん強風のため(笑)


そしてこちら!
IMGP2012.jpg
シロサイ
ガンテツ(左)ヨシコ(右)

食いしん坊のガンテツくんと、のんびり屋のヨシコちゃん。
見てるこっちがほのぼのしてしまうくらい、のーんびり♪
シロサイは他のサイと比べても非常に穏やかな性格で、不必要に自ら攻撃をしかけたりすることはありません。


IMGP2021.jpg

アフリカ大陸に住むクロサイ、シロサイ。
体色が名前の由来なのかな?と思いがちですが、両方とも色が由来ではないそうです。

シロサイは他のサイに比べて口吻の幅が非常に広く、
幅が広いという現地の言葉である『widje』→『wide』→『white』と間違って伝わり、
そこから『White Rhinoceros』=『白サイ』となったようです。
こうゆう伝え間違いってけっこうありますね〜。

IMGP2017.jpg
口吻の幅が非常に広いのがよくわかるかと思います!
地面に生えている背の低い草などを食べるのに適しています。
よく発達した唇を使って草をむしりとって食べます。


白サイは2亜種に分かれ、動物園でよく見るのは基亜種であるミナミシロサイで、
キタシロサイはCRITICALLY ENDANGERED、絶滅寸前種だそうです。



▼どきどきストリート

アフリカサバンナエリアを出てすぐにいるのがこちら。
IMGP2024.jpg
ヨーロッパフラミンゴ
薄いピンク色のフラミンゴです。

IMGP2029.jpg
ベニイロフラミンゴ
その名が示す通り、フラミンゴの中で最も赤い種。
ヨーロッパフラミンゴと比べてみても一目瞭然ですね!


この時は丁度飼育員さんがいらしてて、ご飯の最中だったのかな??
クチバシを水中に突っ込んでご飯をたべている姿はおなじみですが、実はこれがかなり独特。
水中にクチバシを入れ、クチバシから盛んに水を出し入れします。
フラミンゴのクチバシの中には「ラメラ」と呼ばれる細かい繊毛がついていて、
このラメラでご飯となるものだけをこしとって食べるそうです。
水中でそんなことが行われていたなんて知りませんでしたΣ(・ω・ノ)ノ

IMGP2025.jpg



IMGP2131.jpg
アフリカゾウ
こちらも丁度ご飯中♪もぐもぐ!

IMGP2136.jpg
アクシスジカ
世界一美しいシカなだけあって、模様がきれいですね〜♪
IMGP2140.jpg


こちらはなんでしょうか?
IMGP2145.jpg
わかりますか?



正解は…



IMGP2146.jpg
カバ!


IMGP2149.jpg
…の親子!


2012年の5月4日に産まれたソラちゃんです♪
一緒にいたのはママのマイちゃん(1982/8/3生)かな?

お父さんはズーくん(1975/6/22生)。
ソラちゃんはズーくんとマイちゃんの間に14年ぶりに出来た子だそうです♪
もうすっかりミニカバって感じですね〜。
産まれたばかりのときの写真とかも展示してあったのですが、
めっちゃくちゃ可愛かったです。+゜(*´▽`*)。+゜


そういえば一番最初に貼った写真、入り口のモニュメントがカバでしたが、
東武ってカバになにか縁があるのかな?と思ったら、
開園当時、上野動物園の名物飼育係でカバの飼育で有名な“カバ園長”こと西山登志雄さんを園長に迎えた
…とゆうことで、多分カバなのかな?笑。憶測なのでわかりませんw


ミニカバちゃんに負けず劣らず、こちらも可愛いです!
IMGP2168.jpg
ヒグマのイナオくん

爆睡中w きもちよさそ〜に寝てました♪

IMGP2176.jpg
(●=ω=) zzZ

体長は2m越え、体重も300kgほどで起きてると大迫力ですが、
寝てるとほんとに可愛らしい♪
イナオくんは結構仕草がおもしろいみたいで、今度は起きてるところもみてみたいな〜



IMGP2205.jpg
あまりいい写真が撮れなくて残念だったんですが、
ブラックバック

ウシ科ブラックバック属の唯一種。インドレイヨウとも呼ばれます。
ブラックバックという名前の通り、顔から背中にかけてが黒いのが特徴ですが、
黒くなるのは成獣のオスのみでメスは黄褐色〜茶色をしています。

黒い皮毛も美しいですが、更に美しいのがオスのねじれたような独特な角。
なんだか芸術品のような美しさですね!

とても警戒心の強い動物で、動物園の子たちも例外ではないようです。


→Part.2に続く
関連記事


2013.04.08(Mon) - 動物園・水族館レポ





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。